マカオで一番良く眠れるホテル JWマリオットホテル マカオ

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち 母の日はケーキをプレゼントしようと思ってます。

 

マカオで一番良く眠れるホテルなんて書いたらマカオの常連さんに怒られそうです。マカオは24時間カジノをやっている眠らない町。マカオに来たら寝ずにカジノをされる方がほとんどだと思います。仮にホテルのベットで寝ても数時間後には再びカジノの羅紗に向かっているでしょう。それくらいエキサイティングな町になります。

 

f:id:naturallife916:20180513092318j:plain

今までマカオの色々なホテルに宿泊しましたが、JWマリオットホテルマカオに泊まった時は本当に良く寝れました。自分は睡眠が浅く例えば夜の10時に寝ても必ず午前2時か3時に目が覚めます。それからスマホをいじりながら再び眠るのですが1時間か2時間後にはまた目が覚めるという完全に7、8時間連続で寝るという事はほとんどありません。仮に1万歩やひどく疲れた日であっても必ず途中で目が覚めてしまいます。無呼吸症候群の疑いもありますが、昼間はそんなに眠くならないのでその病気ではないと思います。良く考えれば20代からこんな睡眠パターンだったと思います。

 

f:id:naturallife916:20180513093309j:plain

MGMマカオに泊まった時は酷かったかもしれません。ちょっと数時間寝てはカジノに行って疲れたからまたベットに行って休んだらまた、カジノへ行くということで滞在中ほとんどカジノに行っていたかもしれません。ある方が言ってましたがカジノの香水成分には眠たくならない興奮するような成分が入っているかもしれないと言われてました。言われてみれば何時間もカジノに居るのに眠たくならないし、また何時間でもカジノに居たいという気分になりました。カジノに何時間もいるという事はどうしてもギャンブルがしたくなりますので自ずとカジノの戦略に嵌り負けてしまうというパターンに陥ります。そりゃそうでしょう、あれだけ立派な箱と従業員を雇っていたら絶対にカジノは客に負けない計算となってます。負けて当然、勝ってラッキーでしょう。それでも人間は良く魂しい生き物ですからカジノに夢を見て通い続けますが・・・・

 

 個人的に好きなカジノ香水は、1位 ギャラクシー、2位  ウィンマカオ、 3位 MGMマカオ でしょうか、その他カジノでも色々な香水を使っているかもしれませんが大陸の方が大勢いるカジノでは香水より熱気と汗のほうが臭いとして洟垂れますので良い香りはほとんどせず、悪臭のほうが多いかと思います。そんな、カジノにはあまり近寄りたくなくないです。どうせ、負けるなら良い香りの方が気分がよろしいかと思います。以前、カジノの香水を自宅で再現できないかと色々調べましたら、オーストラリアにある香水メーカーがカジノ向けにブレンドして販売しているようでした。カジノごとにスタイルに合わせて香水をブレンドしているので一般には絶対流通してません。よく似た香りを探すか、あるいは別注で香りを作るしか方法がありません。

さて、遠い話ですが日本のカジノの香水はどうなのか今から楽しみにしてます。自分の野望としてはなんとかカジノの便所掃除や裏方でもいいからカジノ内で働けないかと考えています。

 

f:id:naturallife916:20180513095036j:plain

 上の写真はJWマリオットマカオの一般的な部屋になります。シーズンによりますが1泊20,000円~30,000円位します。中々よさげな部屋でしょう。そんなに広くはありませんが全て同線にしたがってましてスムーズに部屋内を移動できます。また、ギャラクシーカジノには同じ建物なので歩いて5分位でカジノができます。また飲食店、売店が多数ありますので飽きる事がありません。ベットが良いのか香水が良いのかJWマリオットが良いのか分かりませんが本当に良く眠れるホテルです。

 

世の中に疲れたらJWマリオットマカオでリフレッシュするのはいかがでしょうか?

 

それでは

 

なにやら仮想通貨がざわついています。ザワザワ。

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち 台湾太郎さんみたく海外で隠居してみたいです。

 

ここ最近 仮想通貨の価格が下がり気味でありましたが昨日は全体的に劇下げになりました。ビットコインをはじめイーサリアムネムリップルなどなど10%以上の下げににりました。株式投資やFXであればとんでもない下げだと思いますが仮想通貨であればいつもの事になりますのでそんなにビックリする事はありません。逆に10%以上値上がりする事も多々あります。仮想通貨はまだまだ成長的な分野でありますのでどうしてもボラが大きくなってしまいます。仮想通貨が一般的に認められる存在になればボラは日低くなるでしょう。その時は子供からじいちゃんまで皆が仮想通貨を使う世の中になっているのではないでしょうか。

 

さて 昨日の下げの原因としては韓国で一番大きい取引所であり、世界的にみても取引量第5位のアップビットという仮想通貨取引所に韓国の検察が詐欺の疑いで捜査に入った事が原因みたいです。なんでも仮想通貨が無い状態なのに投資家に仮想通貨を販売していたらしいです。また カジノに例えると金が無いのにカジノチップを販売していていざ客が換金する時慌てて現金を用意していたのではないでしょうか?売上が上がっている時であれば自転車操業で廻ると思いますがいざ売上が下がってしまうと破綻してしまいます。まあ、よるある話です。日本の仮想通貨取引所でも経営者による仮想通貨の使い込みが発覚して認定を取り消された業者もあります。かの国 韓国であればそのような不正は絶対にありえると思います。先日youtubeの話では韓国人とルームメイトをしたら勝手に自分の肉を無断で食べられたらしく、その韓国人に問いただしたところ冷蔵庫にあるものは皆の物らしく自由に使ってもよい解釈をしているみたいです。そんな感じの国民性ですから取引所にある仮想通貨もそんな感覚で使ってしまうのではないでしょうか。

 

また、日本の有名なブロガーさんが自分のツイッタービットフライヤーの危険性を指摘したみたく、その有名なブロガーさんはnemの流出事件も早々に指摘してましたので、一時緊張が走りましたが今現在大きなニュースにはなっていません。その間にビットフライヤーのceoがツイッターで沈静化を図っていました。

 

本当に、いつも思うんですが 仮想通貨のbadニュースを連続的な波状攻撃のごとく全世界から次から次へとニュースが流れ、それを見た投資家が狼狽売りを重ね10%~20%下げるパターンになってます。その後、しばらく悪いニュースが続き相場は停滞しますが、時がたてば何もなかった様にまた価格が上昇しだすという感じかなと思っています。歴史は見ているではないですが、仮想通貨自身には何も問題はありません、仮想通貨は黙って黙々とただだ暗号処理を行い認証作業を延々と繰り返しています。悪いのはその廻りが変な事をしてイメージが悪くなっているのです。インフレ通貨の仮想通貨は日々価値を上げているのです。長いスパンで価値を見ましょう、日々の出来事に一喜一憂してはダメです。仮想通貨で一番良い投資方法としては買ったら忘れる事です。今度思い出す時は2020年位がよいのではないでしょうか。それでは。

 

 

 

 

ネットショップの店長も楽じゃありません

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち ご隠居の事が気になる。俺もそんな生き方したいわ。

 

ウェブ制作の仕事は季節は関係なく、納期に従って仕事を進めるので忙しい時はトコトン忙しいが、忙しくない時は本当に暇な職業である。また、会社の方針としては納期より仕事の質にこだわっているので納期はあってないようなものである。納期が決まっていたり、急ぎの仕事は基本断っている会社なのである。そのように分別しているので自ずと質の高いウェブ制作を依頼したい顧客が集まってくるので必然と会社業務が廻ってくるものである。前職の作業服関係のネットショップ店長をしていた時は今まさに4月前は殺人的な忙しさだったことを記憶する。3,4月の作業服の新調や新入社員の為の作業着、新年度にあたり新しい作業服で仕事をしたい企業などが短期間に集中して注文をしてくるのである。作業服だけの注文であれば右から左に流すだけで簡単に処理は終わるが、会社名やロゴ、個人名の刺しゅうやズボンの裾上げの追加注文もはいるのでその対応で仕事が一気に増えるのである。サイズが違う作業服に個人名を刺しゅうすると仕事は特に慎重差が求められるので特に気を遣う。そのような注文が集中してくるのでスタッフ全員険悪な状態で仕事をする事になる。いつも3,4月は一番嫌な時期だと思い出します。

 

f:id:naturallife916:20180319200651j:plain

 ネットショップの店長になる

たまたま求人情報でネットショップ店長募集という情報を知り、2度程面接して採用になった。ネットショップについては自分で運営していた経験もあるし、適している職業だと思い応募した。ただ、作業服の知識は全くなかったので、作業服業界の勉強から入った。まず、渡されたのは分厚い作業服メーカーのカタログである。それを見て色々な種類の作業服があるのを初めてしる事になる。作業服メーカーも10社以上もあるらしく上場している会社もあり結構奥が深い業界だと始めて知る。

いずれにしても、カタログ商売なのでそんなに難しくはなく誰でもできる商売だなと思いました。案の定 作業服のショップは全国に山ほどあるし、ネットショップもかなりの数がありました。誰でもできる商売は簡単だけどまた、競争相手も多くなるものなのです。そんな中就職した会社は地場で作業服を結構販売しているのでネットでも販路拡大しようとしていた会社になります。ネットショップは立ち上げて4年位しかたっていなかったのであまり売上も無く結構暇そうな状態でした。現在のネットショップ店長が体調を壊されて退社されるので自分が採用されたみたく退社2週間で引継ぎ業務が行われました。内容的にはしらないASPなどありましたが、説明書などがありましたのでスムーズに引継ぎできましたし、注文件数が1日10件から20件程度だったので仕事内容的には楽な会社だなと最初は思いました。

 

 店長の仕事内容

ネットショップ店長の仕事とはズバリ売上を上げる事が一番の仕事になります。それで現在の内容を調査してどうすれば売上が上がるかと販売の売上計画書を作成しました。自分で言うのもなんですが、数年後に売上計画書を見ましたが 入社1、2週間でよくこんな的確な計画書を書いていたもんだと自分自身で感心してしまうほど的を得た内容を書いていました。なんですかね、入社当初は試用期間があるので真剣になって色々考えてやるので良い考えが思いつくもんなんでしょうか?仕事が慣れれば楽を覚えるので手抜きするので一般的な事しかできないかもしれませんね。 

売上計画書を元にできる範囲から少しずつネットショップの改善をしていきました。あいにく、WEB制作ができるパートの人がいたので協力しながらページの修正なとを行いました。するとどうでしょうか入社2カ月後で売上がポーンとアップしたではないですか。色々ありましたが、それから退社するまで毎期ごとに売上高の最高記録を更新できました。売上1億達成したら次は売上目標2億となんだかラットレースしている見たいだし、売上達成しても自分には何も残らないので仕事を辞めようと思いました。サラーリーマンってそんなもんなんですが自営経験があるのでそこらへんは色々考えてしまいます。まあ、上手く売り上げが上がったからよかったですが、売上が下がっていたら間違いなく首だったでしょう。そんなもんです、サラリーマンって。

 

 

クレーム対応

ネットショップ業務で一番手間がかかる事は作業服に刺しゅうやプリントを加工する事になります。特にプリントはデザインからプリント印刷までと非常に手間がかかります。 刺しゅうであれば比較的直ぐに加工してくれる業者だったので納期に関するトラブルは少なかったのですが、プリント業者は段取りが悪くいつも納期がかかる業者でした。案の定とあるプリント加工の作業服の注文を受付たのですが、納期が少し遅れただけで受取拒否でプリント加工した商品が戻ってきました。注文した客に何度電話しても怒りつけるだけで話にもなりませんでした。結局、この場合は店長の責任としてプリントした商品を自腹で購入して何とか納めました。店長時代はクレーム対応が一番嫌な仕事でした。

 

嫌な事も多々ありましたが、お客様から感謝の電話やレビューを貰う事で仕事を頑張りたいと励みになっていました。謝謝

 

それでは

 

 

チラシ440枚配るのに3時間と歩行数12,000歩もかかり、最低賃金を下回る。

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち 雪の次は花粉の襲来で、いつになったら外に干せるのかな?

 

とある3月土曜日の良い天気の日に朝7時より人生初めてのチラシ配りポスティングを経験してみました。チラシを配る前からユーチューブやネットでノウハウを習得しました。チラシを事前に配りやすいサイズに折って配った方がポスト前でもたつかずスムーズに配れるみたいなので事前に家でA4サイズのチラシを半分に折ってみました。A4チラシを半分に折る作業なんですが、意外ともたついてしまい中々作業が進みませんでした。そこでユーチューブで「チラシ 折 コツ」と検索したところ、新聞店さんのチラシ折りの動画を発見しました。その動画をみて折ってみたところ折り作業のスピードがかなりアップしてA4サイズ400枚折るのに約1時間程度でできました。

紙折り参考動画→紙折り

 

チラシ折りが終わったので次に、ポスティングの方法をウェブで習得しました。

配布先の地図を広げ配る地域をブロックごとに分けた方がスムーズに配れるみたく、鉛筆で4ブロックに分けてみました。各ブロックの道に大体の配布経路を記入して事前にイメージしてみました。今回の配布先は近所なので大体の地理が分かっているので比較的簡単に配布イメージをつかめました。また、小学校が中心にあるので東西南北のブロックに分けやすかったです。これが全然知らない土地であればかなり配布イメージをつかむのは困難だと思います。

配布順路のイメージを掴んで、次に実際に配る方法を取得しようとウェブ、ユーチューブで検索したところ普通に配る情報しかなかったので何も知識が得られませんでした。ただ、ユーチューブの動画でかっこよくポスティングする動画がありましたのでこんな風にできればかっこよいなと思いました。

かっこいいポスティング - YouTube

 

f:id:naturallife916:20180318090935j:plain

 チラシ配りにいざ出発

 準備万端の状態で朝を迎え、まずは200枚程度のチラシを手提げバックに入れ、配布先地図、スマホで順路が記録されるアプリを起動させて、いざ出発しました。

家から歩いて5分程度の場所からスタートなのでまずは地図を広げ配布先を確認しました。家が並んでいる地域なのでスムーズに配布できそうです。まずは1件目のポストにチラシを放りこみます。次に2件目のポストに放り込もうとしたところポストに新聞紙が先に入ってしまいチラシを入れるスペースがありませんでした。シャッターのポストなので新聞を押し込み落とせばチラシを入れる事ができますが、新聞を落としたら家の人が怒るだろう、仮に自分がそんな風にされたら良い気分にならないだろうと思い2件目の家にはチラシを配りませんでした。朝の早い時間はこういう事態が発生するということが良くわかりました。他の家でもけっこうポストに新聞紙が詰まっておりシャッター以外のポストであれば無理やり押し込んでチラシを配布しました。

横並びの地域最後にアパートがありました。まだ、みんな寝てそうな感じがしましたので起こしたらダメだと思い時間をずらしてチラシを配ろうと思いました。そんな感じで気を使い過ぎて場所を行ったり来たりしたのが余計な時間がかかった原因になってます。そんな気をつかわずガンガン配れる神経ならば構わずいけるのですが小心物のJINは家の人の気持ちに入ってしまうのでダメなんです。もうちょっと図太く生きよう。

 

何も考えずチラシを配る

そんなこんなで1時間程配りましたがまだ100枚程しか配れませんでした。ま、まずい丁寧に配っては全然先に進まないこれでは4時間以上かかってしまう。と、いうことでスピードをアップを図るために何も考えずガンガン配る事にしました。比較的大きいマンションがあり直ぐに100枚配れましたので一旦家に帰にチラシの補給をしにいきました。家で残り全部のチラシを取り出し違うブロックを配布しました、このブロックは坂道が多く体力を消耗しましたが、最後に集合住宅があったのでそこで全てのチラシを配り終わりました。朝7時間からスタートして、途中家に戻ったりしたのでロス時間が発生しましたが11時には終わりました。実質的なポスティング時間は約3時間、歩行数は12,000歩になりましたが、何故かそんなに疲れませんでした。やはり自転車通勤をしたり雪の日は歩いて通勤してましたので基礎体力がついてるみたいです。

 

最低賃金を下回る

一応時給計算をしてみますと 1枚の配布料は6円なので チラシ440枚×6円=2,640円 作業時間 チラシ折りに1時間、チラシ配布時間に3時間 計4時間の作業。

2,640円÷4時間=660円/時間になりました。

全国の最低賃金は750円くらいなので見事に下回りました。ただ、今後 チラシ折りの時間や配布ルートの見直し、配布手順の改善をすればトータル3時間くらいですむかもしれません。そうすれば普通の時給くらいにはなるかもしれません。

さて、今回の配布途中に美味しそうなカレーランチをやってる店を発見しましたので、ポスティング料金全てを使い美味しくランチを頂きました。

それでは

 

 

 

我が第二の故郷マカオで本当の自分時間を楽しむ

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち まだ3月なのに5月並みの気温、明日は2月並みの気温で冬に逆戻り体調管理が難しい今日この頃。

 

f:id:naturallife916:20180315073759j:plain

慣れない英語をつかいホテルのフロントでチェックインの旨を伝えると、女性スタッフが笑顔で受け答えして部屋でチェックインできるのでエレベーターに案内してくれた。部屋についてソファに座るとチェックインの手続きの為に名前、住所、電話番号、パスポートの確認が行われた。何故か、デポジットの請求がなかったのだがその当時は信用があったのだろうか?大概は 1泊あたり1,000HKDは請求されるはずなのに。

予約した部屋は普通のダブルベットの部屋なのにセミスィートにアップグレードされている。最近よくこのホテルを利用するのでサービスなのか?

チェックイン手続きが終わり次第部屋の中の説明を聞き笑顔でスタッフを部屋から送り出した。

日本の自宅から8時間程度かけて、我が第二の故郷マカオのマンダリンオリエンタルの30階セミスィートの部屋にようやく到着した。

さあ、これからが本当の自分時間の始まりだ。

 

ノートパソコンをデスクに設置してwifi接続を確認する。次に衣類、下着をタンスにしまう。貴重品やお金は金庫にしまい到着時の一連の準備が完了する。もう季節は夏なのでTシャツ、麻パンツだが8時間かんもかけて移動してきたのでかなり汗ばんでいる。直ぐにバスルームの風呂に発砲入浴剤をいれまろやかな泡で入浴をゆったりと楽しんだ。全身泡だらけなのでシャワールームで髪と体を洗いバスローブを身に着けてソファに埋もれた。ジュース・ビール・酒がぎっしり詰まった冷蔵庫からおもむろにアサヒスーパードライを取り出しコップにも入れずそのままグビグビと一揆に飲み干した。(まるでカイジの帝愛地下帝国休憩室の様な感じで)

 

f:id:naturallife916:20180315210324j:plain

マンダリンオリエンタル隣のMGMグランドホテルよりフェリー行のシャトルバスに乗り込み。フェリー乗り場よりは歩いてサンズカジノに向かう。

サンズカジノに入るがカジノに目もくれずカジノ内3階のコパステーキハウスでアメリカンステーキを食する。一人分としてはかなりの量のステーキであるが、意外と柔らかくジューシーでペロッと頂ける。肉をビールで流し込みホロ酔い気分で幸せな気分を実感する。サンズカジノは相性が悪いのでついもステーキを食べる時しか行きません、我が主戦場はMGMグランドホテルなのでまたまた、歩いてフェリー乗り場に行き今度はWYNN行きの赤いシャトルバスに乗り込み意気揚々とWYNNに向かうのであった。

WYNNに付しだい黄金の木を見て金持ちになった気分を得て、WYNNの通路を横切りMGMカジノに到着する。黄金のライオン像を横目に食八方の前を通り過ぎセキュリティをくぐりカジノ内に入る。MGMカジノ内の赤い絨毯は人間の生き血を吸い取り来るたびに濃く赤い色に染まっている感じに思えた。JINもいったいいくらこのカジノにつぎ込んだことやらと回想にふける。バカラを考えた奴は天才だ。こんなに単純で奥が深くスピーディーなゲームは世の中にあるだろうか、それに中国罫線を加えれば更に面白みが増す。あれやこれやと自分の感と罫線の流れ場の雰囲気を読み渾身の一手で庄か闇に命金をベットする。カードをめくる瞬間に脳からなんともいえない汁を感じ取り不愛想なディーラーがチップの回収を始める。手元のチップが無くなり負けを実感する。

バカラがだめならスロットだということで一番安いスロット代に座り三国志関羽みたいじっちゃんが出るスロットリールをただただ一心不乱に廻し続ける。

当たったり負けたりとお金を減らしつつもいい香りがするカジノから出ようとは思わない、むしろこのままずっとスロットを廻し続けたい気持ちである。もはや勝ち負けではない本当にJINはカジノが好きなのだ、子供の頃デパートの屋上にあったゲームセンターでゲームをしていた思い出とカジノがかぶり童心にもどったような不思議な気分になれる。

 

f:id:naturallife916:20180315215300j:plain

今年の2月にMGMコタイがようやくオープンした。宝石箱をイメージしたという外観デザインが特徴で純金24Kの金箔3万2千枚を使った高さ11メートル、重さ11トンという巨大なライオン像を設置することでも話題となっているらしい。MGMファンとしては絶対に行きたいホテル&カジノである。第二の故郷は益々発展する勢いである。

 

それでは

 

 

駆け出しのウェブコーダーの給料は安いけど勉強にはなるよ。

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち 企業経営をゲームで勉強する会に出席しました。久しぶりに新鮮な事に触れ疲れて昨日は熟睡できました。

 

JINの給料の遍歴は、20代は月20万円位で賞与はいい時で100万円貰えてました。30代~43才までは月35万円位貰ってましたが賞与はありませんでした。

44才からはとある事情で会社を辞めた為に給料がガクッンと減ってしまいました。

辞めてからは先日のブログの案内通り酒屋のバイト 月7万円を3カ月程働きました。

酒屋を辞めてからは、契約社員として3カ月程 月15万円で梱包関係の仕事に就きました。

次に縁あて、ネットショップの店長として月25万円、賞与30万円で約4年位働きました。たいした計画もなく起業しようと思ってましたが時間ばかりたってしまったので、縁故でウェブ制作会社に就職しました。

ネットショップの運営は10年位やっていたのでネット関係の仕事には強いとおもってましたが、ウェブ制作会社の仕事は全く異なる仕事だと感じました。

まず、地方のウェブ制作会社はなんでもできる人材が必要とされています。具体的にはHTML・CSSphotoshopイラストレーター、パワーポイント、デザイナーの素質が必要になる見たいです。ネットショップの運営の場合 ウェブのデザイン、制作は外注のウェブ会社にまかすか、社内のウェブ担当に任せていましたので全く勉強していませんでした。そんな訳でJINは入社してから全てを勉強する事になりました。

f:id:naturallife916:20180314073828j:image

 

web制作会社の給料は3カ月間の見習い期間中で月15万円からスタートして3カ月後からは月18万円になるらしいです。月15万円って20代貰った初任給と変わらん金額だと愕然としました。50代手前の再就職の現実は大変厳しいもんだと実感しました。世の中を見渡しますと40、50代のリストラの話も聞きますし、リストラができないなら地方への転勤で退職を促す話もよく聞きます。40、50代は本当に受難な世代だと思います。そんな、厳しい事が分かって辞めたJINは結構楽観的に考えてたのが間違いでした。現実は厳しいなんの特技、知識がなければ世間は厳しいです。これから会社を辞めて再就職を考えてる50代諸君。辞める前に何らかの特技、知識を得てから会社を辞めましょう。時間はたっぷりありますよ。

 

web制作に関わる知識は色々な1日講座に出て勉強しました。また、最近では無料でweb上に動画で勉強できるサイトもありますのでそれを見て勉強したり、または実際の案件にも関わり見よう見まねでサイトを作ったり、画像を制作しました。やはり、勉強だけしていると中々覚えないですが、実践も交えて学習するとかなり覚えられますし、分からない事があればwebで調べると案外答えが検索できますのでそのまま利用することが多々あります。webがなかったら仕事は進まないと思います。やはり一番の勉強方法は実践だと思います。最初はつらいですが思い通りに表現される時はゲームをクリアした感覚にもなりますので非常にやりがいにもなります。

ただ、地方のweb制作会社はなんでも屋になる必要があるるので、なんか全てが中途半端な感じがします。JINとしてはコーダーに興味がわいてきましたので極めてみたいとおもいますが、現実は甘くおりません。何でもできる様にならなけばなりません。若い人は知識を得たら独立起業という選択もありますが、50前のじじいには無理だと思います。なんか趣味でホームページなんか作れるようになれば楽しいかなと思ってます。

 

それでは

 

 

多少の体力は必要ですが慣れれば酒屋のバイトも楽ですよ

こんにちは エキセントリックマークアップデザイナーのJINです。

 

今日の気持ち 昨日はブログを休んでしまった。ネタとネタを混ぜればなんとかなると思った。

 

3カ月位ほど小さな酒屋でバイトしていましたが、慣れれば結構楽なバイトかもしれません。その当時の時給は800円でしたが土日出勤すると900円になりました。

求人情報を見て酒屋バイト募集 週に3回、仕事内容は接客、品出し、その他色々と体力が必要と書いてあり以前コンビニバイトの経験もありますし、一応体力には自信があるので応募してみました。あと、酒屋の立地条件があまり良くない所なので暇ではないかと考えました。

バイトの面接は酒屋の本部みたいところで行い、酒屋らしくビール瓶のケースが沢山あるなか面接しました。面接後直ぐに仕事に入ってくれと言われバイト出勤日を決めました。へー意外と簡単に決まるもんだなと思いましたが、やはり裏がありました。

 

f:id:naturallife916:20180313070300j:plain

 バイト初日、そこの酒屋の店長はJINより年下で30才位の痩せて感じが良い男が店長になっていました。まずは酒屋の仕事内容を色々聞いてから酒の種類を覚えるため棚に並べてあるウイスキーや焼酎、ワイン瓶を一本一本拭くことから始めました。

当時そこの酒屋は特に焼酎に力をいれており数百本はあったと記憶してますので店中焼酎であふれかえってました。焼酎人気に火が付いた時その先駆けてとしてその店はブームに乗って流行っていたみたいです。だから多少立地が悪くても商売になったのです。今でこそスーパーや大手酒屋で色々な焼酎が買える様になりましたが、その当時はここまで焼酎の在庫がある店はなかったと記憶してます。

そんな訳で一本一本瓶を拭く作業をしますが、最初はそんなに負担ではなかったのですが、徐々に腕が痛くなってきました。今となれば瓶を拭く意味があるのかと思います。まずはバイト初日の店長のしごきみたいものなのでしょうか。瓶を拭きながらお客様がきたら掛け声をかけてレジ操作を教えてもらいながらレジをしました。

さすが、酒屋のレジはそんなに複雑なレジではないのでバーコードをあてるだけで簡単に金額がでますのでそんなに苦痛ではありませんでした。ただ、その店オリジナル商品があった場合はちょっと面倒な操作が必要でした。あと、店独自のポイントカードがありましたがそんなに手間はかかりませんでした。今のコンビニのレジをみたらおそろしいくらいの処理をしなくてはならないし、支払い方法や、ポイントも色々あるのでJINには無理かと思います。

 

このバイトの一番の仕事が商品の品出しになります。週に3回月、水、金と決まった日に酒屋の問屋から色々な酒やビールが入荷してきます。量的には酒類3とビール7くらいでしょうか。この品出しが一番体力がいる仕事になりますし、酒屋で一番大変な仕事になります。そもそもバイトが入れる日は品出しの日限定になりますので、店長の負担を減らすためにバイト募集をしたのが後でわかりました。

品出しは入荷した商品を棚に入れる単純な作業なんですが、ビール類はかなり重たいので台車に乗せて運びます。棚に入れる時は今ある商品を前に出してから後ろに入荷した商品をいれなければならないので一旦今ある商品を全部外に出さなければなりません。瓶類は大した事はありませんがビールケースは結構な重さ20kgありますので大変な作業になります。品出しは大体2-3時間位で終わりますが、お客様が来たらレジをしなくてはならないので結構廻りを見渡して品出しをする必要があります。

品出しが終われば後はレジを中心とした業務になりますので比較的楽になりますが、ここの店は違いました。やれ、在庫調べをしろとか、商品のポップを考えろとか、窓拭きや掃除、商品の配置変え、空き瓶整理等々暇になる事はありませんでした。

特に嫌な作業が 贈り物のラッピング作業でした。焼酎をプレゼント用としてリボンを付けたり、綺麗な箱に入れて宛名書きをしたりと繊細な事をしなくてはならないので大変でした。ここの部分はやはり女性の方がよろしいかと思います。

 

そんなこんなで 月に6万円から8万円位のバイト代を貰いましたが、やる事は慣れれば毎日同じなので比較的に楽なバイトかもしれません。店の店長はバイトから10年かかって正社員になって店長になったみたい人なのでこの店で正社員になるには10年かかるらしいです。10年バイトでやっと正社員になれるなんて、なんて罰ゲームみたい会社だと思いました。まあ、3カ月位たったころ 契約社員ですが仕事が決まったので酒屋のバイトは辞めました。辞める時週1回でもいいから来てくれないかと言われましたが、大した金にもならないので断りました。この酒屋の経験を生かせば品出しバイトなんか楽にできないかと考えています。

 

それでは